記事一覧

信頼できて安い引越し業者選びは大変です



2月~4月は引越しシーズン!特に3月~4月は引越し業者の繁忙期です。しかも我が家(2人家族・2LDK・荷物多め・4t車)は仙台から札幌までという長距離の引越し(2月下旬)を依頼する事になったので、恐ろしい金額になるのではないかとビクビクしていました(上の写真はイメージです)。


とりあえず、複数社から見積もりをとって、比較・検討する事に。1社ずつ問い合わせをしていては手間がかかってしまうので、引越し一括見積りサービスの「引越し価格ガイド」さんを使いました。


[参照リンク]
>>引越し価格ガイド


すぐに、メールや電話がかかってきます。大手の引越業者さんは早いです(笑)。我が家の場合は、5社から連絡がありました。お住まいの地域によって、引越業者さんの数は違ってくると思います。


そこからは各業者さんと連絡を取り合い、我が家の荷物を見てもらう(正確な見積り)日程を決めていきます。日程が被らないように、ほぼ毎日来てもらってました。ダブルブッキングはマズイですからね(笑)。


その他にも個別に3社、問い合わせをしましたが、仙台から札幌までは運べないと断られたり、見積り金額が高かったりして、結局は「引越し価格ガイド」さんの方から選ぶ事に。


で、全ての見積りが揃うと・・・、ビックリ!!1番安い所と、高い所との見積り金額の差が2倍以上もありました!我が家のケースでいうと、長距離引越の為、長距離が得意な業者と近距離が得意な業者があるので、金額の差が大きくなったのかもしれません。


そこから値引き交渉をした結果、そこそこ満足のいく金額(おそらく限界値)に下げてくれた業者に決めました。やはり複数社の見積りを取って、比較して値引き交渉しないと、満足のいく金額にはならないと思いました。


これが3月~4月の超繁忙期になると、値引き交渉などできなくなる可能性もありますし、引越希望日の予約を取ることすら難しくなってきます。引越日が決まった段階で早めに引越し業者に見積りを取ることをオススメします。


また、土日よりも平日の方が当然安いです(一部、通年金額が変わらない業者もあります)。他には、大安よりも仏滅の方が安くなる可能性が高いです。


[関連記事]
>>縁起の良い日


今回、一括見積サイトを使い、5社の見積りを取り、他にも気になる業者に個別に3社に連絡し、合計8社から見積りを含め何らかのアクションを起こしてもらいました。とても大変でしたが、知識も身に付きますし、値引き交渉の材料が増えました。


また、我が家は夫婦2人世帯ですが、「荷物の量が多いですね」と言われました。トラックの大きさ(我が家は4t車)によって金額はかなり違ってくるので、見積りの前に不要なモノは捨てておくべきだったと後悔。今更ですが、この機会に断捨離ですよ、嫁(笑)。


まとめ


1.引越しが決まったら、一括見積サイトの利用(我が家は引越し価格ガイドを利用)。

2.一括見積サイトで連絡がきていない業者も、ネットなどでチェックし、連絡をしてみる。個別に見積りを依頼する。

3.複数業者から相見積りを取り、最安値の金額をもとに値引き交渉する(最初に提示された金額で決めない)。

4.値段だけでなく、トラックの大きさやスタッフの人数、無料のダンボールの数、部屋の養生、家具の梱包などサービス内容も比較する。

5.冷静に比較・判断する為にも、できるだけ即決は避ける。

6.引越しは断捨離の絶好のチャンス!不要なモノは捨てるかリサイクルショップなどで売却した後に、見積りを取ってもらう(僕が後悔w)。


>>思わずニッコリな買取価格!ファッション売るなら【古着買取王国】
>>ブランド買取りならリファウンデーションです☆宅配買取なら更に買取りアップ!


本日も最後までお読み頂き、ありがとうございました!よろしければ下記ランキングの応援をポチっとお願いします^^

にほんブログ村 オヤジ日記ブログ アラフォーオヤジへ
にほんブログ村



ヤフオクへ全自動出品サービス【QUICKDO(クイックドウ)】
事故車の買取実績No.1


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

オススメ記事

SHIPAの情報

SHIPA

Author:SHIPA

後厄満喫中のアラフォー男。杜の都仙台出身の札幌在住。2016年6月にようやく父になる事ができました。

ブログランキング

▶ランキングに参加中です。応援よろしくお願いします。

楽天ランキング

ブログ村ランキング

過去記事

FC2 Affiliate

ご感想はこちらへ

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索